不動産管理ソフト導入前のチェックポイント

フリーソフトを使ってはいけない5つの理由!不動産管理で失敗しないために

投稿日:2019年2月14日 更新日:

不動産管理にフリーソフトを利用するのは、基本的に避けたほうがよいでしょう。

たしかに無料で簡単に利用できるのは魅力的です。

しかし「管理の労力を軽減する」というシステム導入の本来の目的を考えれば、フリーソフトでは力不足な点が多いのです。

今回は、なぜ不動産管理にフリーソフトを使わないほうがよいのかを5つの理由で説明していきます。

理由1. フリーソフトはサポートが弱い!

フリーソフトの使用をすすめない一番の理由が、サポートの弱さです。

ソフト自体の提供停止やアップデートの終了もありうる

フリーソフトは開発者の意思ひとつでソフトの配布が終了したり、アップデートが終わったりする可能性があります。不動産管理で顧客のデータを扱う以上、サポートの不安定さは大きなリスクです。

わからないことがあっても自己解決しなければならない

フリーソフトには電話窓口、チャットやメールによる相談窓口、担当者といったものが存在しません。わからないことがあってもすべて自己解決する必要があります。また、法改正があったときどうするかも自分で考えなければいけないのです。

理由2. フリーソフトは大規模なデータ管理が苦手!

不動産管理では多様なデータを扱いますよね。所有している不動産そのものの管理、入居する人の管理、オーナーの管理、賃貸料や駐車場料金などお金の管理、請求書や契約書といった書類の管理などなど……。しかし、実はフリーソフトの多くは不動産管理のような大規模なデータ管理をするのが苦手なのです。

ひとつのフリーソフトではすべての機能をまかなえない

フリーソフトの多くは単一の機能しか持ちません。これひとつ入れておけば不動産管理は問題ない、というソフトがないのです。

あくまで簡易的なもののため処理能力に限界がある

例えば、表計算のフリーソフトで情報を管理すると、入力したデータが増えれば増えるほどソフトの動作は重くなっていきます。フリーソフトはあくまでも簡単に、簡易的に利用するものなのです。

データのやりとりまで考慮していないためソフトどうしの連携に難がある

フリーソフトはまったく別の人がつくったソフトとデータの受け渡しをすることまで考慮されていません。そのため、ソフトどうしでデータのやり取りをするときには特に不具合が出やすいのです。

理由3. 機能ごとに違うソフトを使い分ける労力が無駄!

使い分けが必要なフリーのソフトは、当然ながらひとつひとつ操作感もデザインも違います。

どんなソフトでも慣れるまでには時間がかかる

どんなものでも、初めて使うものに慣れるまでにはある程度時間がかかります。 複数のフリーソフトを導入した場合、「慣れる」ためだけに大量の時間を必要とするため、その時間が無駄になるのです。

担当者が変わった場合の引き継ぎが大変

もし担当者が変わったり新しく人を雇ったりした場合、次の担当者がソフトの仕様に慣れるまでにはやはり時間がかかります。ここでも無駄な時間と労力を使うことになってしまいます。

理由4. 「情報の共有」が難しい

フリーソフトは個人での使用を想定しているものが多いため、基本的に複数人で情報を共有することが苦手です。 担当者が一人ならば問題ありませんが、数人いる場合データの管理が煩雑になってしまいます。

理由5. フリーソフトはカスタマイズ性や専門性で劣る

フリーソフトの多くは個人が趣味で作っています。そのため、機能の専門性やカスタマイズ性、アップデートの速度などが有償の商品より数歩劣るのです。当然使い勝手が良いものばかりではありません。

不動産管理にソフトやシステムを導入するのは、面倒な作業をまとめることで楽をするためです。しかしフリーソフトを使うと、楽をするつもりがより面倒になってしまう場合も少なくありません。

サポートもなく情報の共有も難しいうえ、さまざまなソフトを使い分ける必要のあるフリーソフトは不動産管理には不向きです。業務を楽にするためにはどのような機能や使い勝手が必要かを考え、適切な不動産管理をしましょう。

不動産管理ソフトをお探しの方はこちらもどうぞ!

不動産管理ソフト導入前のチェックポイント

-不動産管理ソフト導入前のチェックポイント

関連記事

固定資産管理システム

固定資産管理とは?選ぶポイント、注意点まとめました!

固定資産管理は総務の経理担当の重要な業務の一つです。 では、その固定資産管理はどのような業務なのでしょうか? この記事では固定資産管理に必要な書類の作成手順や注意点、おすすめの固定資産管理システムをご紹介していきます。 固定資産管理とは? 機会や備品・車両などの企業が所有している償却資産を管理することが固定資産管理にあたります。 固定資産には不動産など物として存在する「有形固定資産」とソフトウェア …

自社の合わせた導入形態

不動産管理ソフトを導入を考えている方に、どのようなソフトがあり、適したソフトはどれなのかご提案いたします。 必要なシステムを確認しましょう まず、不動産会計システムは販売している企業によって構成が異なっています。賃貸管理だけのシステムや、賃貸物件管理・マンション会計・ホームページ作成・修繕計画などの複数のシステムがパッケージ化されたシステム、必要な機能を選択するシステムなど、ソフトによって大きく内 …

不動産管理ソフトの導入費用

ここでは、不動産管理ソフトの価格についてリサーチ。初期費用とランニングコストの相場を紹介します! 不動産管理ソフトを利用する費用には大きく分けると初期費用と月額費用の2種類に分かれます。どれくらいの費用がかかるのか、参考にしてください。 不動産管理ソフトの平均価格相場は? 初期費用の相場は5万円から50万以上とピンキリです。なぜここまで費用が変わるのというとサポート体制やオプション・カスタマイズ性 …

初期買取(オンプレミス)とクラウドならどっち?不動産管理ソフトを賢く選ぶには

これから不動産管理業務を始める予定がある。または、これまでの業務で、手作業やフリーソフトで代用していた管理業務を本格的なシステムでの管理をしたい場合、不動産管理システムの導入は必須です。不動産管理システムを導入する上で、まず初期買取またはクラウドかを決める必要があります。 不動産管理システムにおいて、初期買取(オンプレミス)とクラウドのどちらがよいかは条件によって変わります。 不動産管理システムの …

クラウド型のおすすめ不動産管理ソフトの紹介と比較

そもそもクラウド型とは? まず、不動産管理ソフトをお探しの方で、クラウド型やクラウドサービスと言われても「クラウドって何?」と思われる方向けにクラウド型の不動産管理ソフトについて説明します。 不動産管理ソフトのサービスの種類には大きく分けると2種類あります。その2種類とは「オンプレミス型(買取)」と「クラウド型」です。 オンプレミス型(買取)とクラウド型の違い オンプレミス型とクラウド型の違いは、 …