不動産管理ソフト導入前のチェックポイント

自社の合わせた導入形態

投稿日:2019年2月14日 更新日:

不動産管理ソフトを導入を考えている方に、どのようなソフトがあり、適したソフトはどれなのかご提案いたします。

必要なシステムを確認しましょう

まず、不動産会計システムは販売している企業によって構成が異なっています。賃貸管理だけのシステムや、賃貸物件管理・マンション会計・ホームページ作成・修繕計画などの複数のシステムがパッケージ化されたシステム、必要な機能を選択するシステムなど、ソフトによって大きく内容が異なります。パッケージされているシステムも3種類程度のものから10種類以上のものなど幅広くあり、状況に応じたソフトを選ぶ必要があります。そのために必要な機能を確認しておきましょう。

必要最低限のシステムを導入する

不動産会計システムを導入するためには、「利用目的」を明確にする必要かあります。使えそうなシステムで選ぶのではなく、何のためのにどのように活用するのか、システムの運用方法まで考えておく必要があります。

複数のソフトがパッケージ化されたシステムは、高機能のソフトがついているので何でもできると思いがちですが、使いこなせなければ意味がありません。扱いづらくてシステムが使えず、せっかく導入しても定着しないといったケースも。不動産会計システムを最大限に活かすには、使いやすさの追求も大切です。

ソフトによっては、必要な機能を後から追加したり、連動させたりできる場合もあり基本的に最初は必要最低限のシステムだけで問題ありません。

基本的なパックでお得に導入する

不動産会計システムの導入でソフトの機能の次に悩むのがコストですよね。ソフトの機能や種類によって、大きく費用が異なってきます。

たくさん機能がついているパッケージ化されているシステムは、その分高額になるでしょう。コストを削減したい方は、基本的なパックのソフトの導入をおすすめいたします。

場合によっては、基本のコースとシステムの種類がプラスされているコースを選べることがあり、オプション機能を追加してさらに機能を充実させることもできます。基本のコースは管理業務をする上で、最低限の業務ができるものです。コストを抑えるためには基本的なパックで会計システムを導入し後々に機能を追加していくことを考えてはどうでしょうか

自社の運用形態に合わせたシステム導入を!

物件管理や修繕計画を立てるなど、導入理由は状況によって異なってきます。運用形態が自社にあったものを選ぶことで、運用に不動産会計システムを定着させてることができます。

たくさん機能があっても使わない機能では意味がありません。むしろどの機能を使うのか迷ってしまうかもしれません。本当に必要な機能は何なのか判断することで、コストダウンや手間を省くことができます。

不動産会計システムを有効的に活用するために、自社の運用にあったシステムを選ぶことが大切です。どのような導入形態があり、どんな機能が必要か、導入後の運用方法など導入前に具体的なビジョンを持っておくことが大切です。「使えそう」や「良さそう」で判断するのでなく、その後どのように運用していくのかまで考えて選びましょう。不動産管理システムを扱う企業を確認する

不動産管理ソフトをお探しの方はこちらもどうぞ!

不動産管理ソフト導入前のチェックポイント

-不動産管理ソフト導入前のチェックポイント


comment

関連記事

不動産管理ソフトの導入費用

ここでは、不動産管理ソフトの価格についてリサーチ。初期費用とランニングコストの相場を紹介します! 不動産管理ソフトを利用する費用には大きく分けると初期費用と月額費用の2種類に分かれます。どれくらいの費用がかかるのか、参考にしてください。 不動産管理ソフトの平均価格相場は? 初期費用の相場は5万円から50万以上とピンキリです。なぜここまで費用が変わるのというとサポート体制やオプション・カスタマイズ性 …

後悔しない不動産管理ソフトの選び方

不動産管理ソフトっていっぱいありすぎて、どれを選んでいいか分からない・・・って方も少なくないと思います。そこで、不動産管理ソフトを選ぶときに確認するポイントと注意点をまとめてみました。導入を検討している人は参考にしてみてください! 導入前に確認するべきポイント 各管理データの連動性(ソフトの一元化) 物件情報や契約者情報、家賃の入金情報を一つのデータベースに一元的に管理することは非常に重要なポイン …

クラウド型のおすすめ不動産管理ソフトの紹介と比較

そもそもクラウド型とは? まず、不動産管理ソフトをお探しの方で、クラウド型やクラウドサービスと言われても「クラウドって何?」と思われる方向けにクラウド型の不動産管理ソフトについて説明します。 不動産管理ソフトのサービスの種類には大きく分けると2種類あります。その2種類とは「オンプレミス型(買取)」と「クラウド型」です。 オンプレミス型(買取)とクラウド型の違い オンプレミス型とクラウド型の違いは、 …

業務フローの一新はNG?不動産管理ソフト導入前の注意点

不動産管理ソフトの有効性は正しく活かそう 不動産管理ソフトの導入は、不動産運営においてメリットとならなければなりません。総合的に見てもきっと成功例が多数派でしょう。不動産管理ソフトを提供する会社の多さや口コミ情報などでもポジティブに感じ取れます。しかし、正しく活かさなければマイナスな存在にもなりかねません。その理由についてご説明いたします。 不動産管理ソフトが有効な理由 不動産運営の作業内容は営業 …

不動産管理ソフトって自社開発した方がいいの?サービス利用との違い

不動産管理ソフトってどうやって選べばいいの?と悩んでいるあなたに選び方と注意点を紹介していきます。 不動産管理ソフトを使う方法は大きく分けると2種類に分かれます。 1.自社で開発する2.外部のサービス(ソフト)を使う この二つの特徴と注意点を見ていきましょう 1.自社で開発する 自社で開発する場合は、自分達の使いやすいようにカスタマイズすることができる、人件費以外のランディングコストがかかりにくい …