不動産管理ソフト導入前のチェックポイント

SEの必要性も!不動産管理ソフト(システム)のカスタマイズを考える

投稿日:2019年2月14日 更新日:

不動産サービスの運営において、不動産管理ソフトは欠かせない存在となっています。多くの企業が業務管理を不動産管理ソフトで行なっているため、使っていなければ時代にそぐわない作業効率となってしまいます。不動産管理ソフトの運用において一番大切なのはカスタマイズです。優秀なエンジニアが担当することができれば、ライバル社を引き離す要となるかもしれません。そんな不動産管理ソフトのメリットとそれを担当するSEの重要性についてまとめました。

不動産管理ソフト(システム)とは

多くの不動産会社に不動産管理ソフトが活用されています。不動産管理ソフトで何ができるのか、どのような特徴があるのか不動産管理ソフトの基本的な情報をご紹介いたします。

おおまかにいうと

不動産管理ソフトは、いわば物件や各情報の管理、社内共有、さらにはホームページ管理や営業支援までひとまとめにおこなえる総合的管理システムのことです。現代において、不動産サービスはパソコンやインターネットの活用が必須となっています。そんな中、不動産管理ソフトがあればそういったツールを最大限役立てて効果的な運営をおこなうことが可能となります。

とはいえ、不動産管理ソフトと名がつくシステムはさまざまに存在します。提供している会社の違いや、管理できる内容の違い、また料金面やフォロー、連動面など多種多様です。そのため、自社に適したソフトをいかに導入できるかが大きなポイントとなってきます。

2つの種類の特徴

不動産管理ソフトにはさまざまな種類、機能があります。大きく分けるとパッケージ製品と新規開発になります。これらにはそれぞれのメリット・デメリットがあり、適したソフトを選んでいただく必要があります。

パッケージ製品のメリットは、すでに複数の企業に使われており、完成されているソフトのため確実な運用ができる点です。また導入後早速活用していくことが可能です。デメリットはカスタマイズが限られており、自由度が低い点です。カスタマイズをした場合、バージョンアップ対応が必要になるといった点が挙げられます。カスタマイズはしずらいですが、複数の企業に使われているため安心して導入することができます。

自由度の高い新規開発タイプのメリットは、自社のために作られたソフトのため機能の種類や使いやすさを追求することができます。デメリットはコストが高いことや拡張が積み重なりシステムが複雑かしてしまう可能性があるといったものがあります。

理想の不動産管理システムとは

不動産管理ソフトのパッケージ製品と新規開発には、それぞれにメリットデメリットがありますがベストの不動産管理ソフトの選び方は、数多くある不動産管理ソフトからカスタマイズ性の高いパッケージ製品や費用面や技術面などで利用しやすい新規開発業者など自社に適した不動産管理ソフトを探すことが大切です。自社にとってもっともデメリットが少なくメリットの多いものを選びましょう。

柔軟なカスタマイズを実現するには

不動産管理ソフトの中には、カスタマイズ性を強化した製品も複数ありますが、カスタマイズを最大限活用するためには、ポイントを抑えた導入が必須条件です。不動産管理ソフトを柔軟にカスタマイズして最大限活用するためのポイントをまとめました。

優秀なSEを置く

基本的にシステムエンジニアは、システムの開発やプログラミングなどだけでなく、ヒアリングや問題点の把握、業務フローの改善、プレゼンテーション、プロジェクトの推進なども仕事にあたります。つまり、システムの開発・管理とその周辺全般が仕事の範囲になります。新規開発のときはもちろん、パッケージ製品を会社状況に合わせてカスタマイズする上でも重要な位置を占めます。

どうやってSEに任せられるの?

自社にエンジニアが在籍している場合、カスタマイズや導入などは問題ないかと思われますが、技術職のエンジニアを不動産会社で雇うことはあらゆる負担が伴います。ですので、不動産会社は、不動産知識が豊富なエンジニアが在籍する不動産管理システムのサービス提供会社を選ばれています。そのため、エンジニアの需要は高く各社優秀なエンジニアを置いて、信頼性や満足度のアップに注力しています。パッケージのカスタマイズや開発まで安心して任せることができます。

SEに不動産知識が重要な理由

エンジニアと不動産は少し関わりが薄いかもしれませんが、不動産管理システムが普及してきた現代において不動産管理システムを任せるために業界知識が豊富なエンジニアが必須となっています。不動産会社のスタッフが自分の手足のようにシステムを運用することが求められるため、実際の利用者つまり不動産会社スタッフの観点に立って開発できるエンジニアが必要となるためです。もしくは、お客様や管理側の立場の観点に立てるのもメリットといって良いでしょう。

不動産管理ソフト(システム)を導入するメリット

では、具体的にカスタマイズ性の高いソフトを運用できることでどのようなメリットがあるのかご紹介いたします。

成約率がアップする

最も大きなメリットは、成約率アップが望めます。運用しやすいソフトは、業務のスムーズ化やモチベーションの向上、より良いプランの提案などをサポートしてくれます。不動産業務ではやはり各契約の成約が最も重要な業務です。各業務の効率化や成約率アップに役立つことで、サービスレベルの向上や後々には会社の拡大にまで繋がってくるでしょう。自社にあったソフトを導入することで多くのメリットを生み出す可能性があるのが不動産会計システムです。ベストなカスタマイズの導入がとても大切ということです。

ミスを減らせる

不動産管理ソフトでは、情報共有や管理をシステム上で簡単にまとめてくれます。ですのでデータの取り違えや情報の周知不足、スケジュールミスなども劇的に解消されるケースも少なくありません。インターネットが普及した昨今でも最終的には人が仕事をしますので必ずミスはでてきます。ですが、そのミスをいかに減らすことができるのかが会社の信頼に大きく関わってきます。ミスを減らすことができることも、大きな必要性の一つと言えるでしょう。

短縮できた時間を別の作業に役立てる

不動産会計ソフトを導入したことにより、作業の効率化が進み時間に余裕がでてきます。つまり、人数はそのままで作業量を増やすことができるわけです。従来手が回らなかった業務も無理なくこなせるようになり、仕事量が増えるけれども実感としては増えた感じがしないため社員のモチベーションを下げることなく効率化することができます。場合によっては意欲的に取り組んでくれる可能性もあります。会社にとっては同じ人数でより多くの作業ができるわけですから人件費の削減にもなります。

不動産会計ソフトを導入しても自社にあったカスタマイズをしなければ、ソフトの有効性が大きく違ってきます。不動産の知識に長けた優秀なエンジニアのいる提供会社を利用することができれば、より高いレベルでの実現が可能です。あらゆる面での作業の効率化、さらに成約率のアップや会社の成長まで繋げられます。ポイントを押さえた上で、導入を検討してみてはいかがでしょうか。

不動産管理ソフトをお探しの方はこちらもどうぞ!

不動産管理ソフト導入前のチェックポイント

-不動産管理ソフト導入前のチェックポイント

関連記事

自社の合わせた導入形態

不動産管理ソフトを導入を考えている方に、どのようなソフトがあり、適したソフトはどれなのかご提案いたします。 必要なシステムを確認しましょう まず、不動産会計システムは販売している企業によって構成が異なっています。賃貸管理だけのシステムや、賃貸物件管理・マンション会計・ホームページ作成・修繕計画などの複数のシステムがパッケージ化されたシステム、必要な機能を選択するシステムなど、ソフトによって大きく内 …

フリーソフトを使ってはいけない5つの理由!不動産管理で失敗しないために

不動産管理にフリーソフトを利用するのは、基本的に避けたほうがよいでしょう。 たしかに無料で簡単に利用できるのは魅力的です。 しかし「管理の労力を軽減する」というシステム導入の本来の目的を考えれば、フリーソフトでは力不足な点が多いのです。 今回は、なぜ不動産管理にフリーソフトを使わないほうがよいのかを5つの理由で説明していきます。 理由1. フリーソフトはサポートが弱い! フリーソフトの使用をすすめ …

後悔しない不動産管理ソフトの選び方

不動産管理ソフトっていっぱいありすぎて、どれを選んでいいか分からない・・・って方も少なくないと思います。そこで、不動産管理ソフトを選ぶときに確認するポイントと注意点をまとめてみました。導入を検討している人は参考にしてみてください! 導入前に確認するべきポイント 各管理データの連動性(ソフトの一元化) 物件情報や契約者情報、家賃の入金情報を一つのデータベースに一元的に管理することは非常に重要なポイン …

固定資産管理システム

固定資産管理とは?選ぶポイント、注意点まとめました!

固定資産管理は総務の経理担当の重要な業務の一つです。 では、その固定資産管理はどのような業務なのでしょうか? この記事では固定資産管理に必要な書類の作成手順や注意点、おすすめの固定資産管理システムをご紹介していきます。 固定資産管理とは? 機会や備品・車両などの企業が所有している償却資産を管理することが固定資産管理にあたります。 固定資産には不動産など物として存在する「有形固定資産」とソフトウェア …

クラウド型のおすすめ不動産管理ソフトの紹介と比較

そもそもクラウド型とは? まず、不動産管理ソフトをお探しの方で、クラウド型やクラウドサービスと言われても「クラウドって何?」と思われる方向けにクラウド型の不動産管理ソフトについて説明します。 不動産管理ソフトのサービスの種類には大きく分けると2種類あります。その2種類とは「オンプレミス型(買取)」と「クラウド型」です。 オンプレミス型(買取)とクラウド型の違い オンプレミス型とクラウド型の違いは、 …