不動産管理ソフト導入前のチェックポイント

不動産管理ソフトの導入費用

投稿日:2019年2月14日 更新日:

ここでは、不動産管理ソフトの価格についてリサーチ。初期費用とランニングコストの相場を紹介します!

不動産管理ソフトを利用する費用には大きく分けると初期費用と月額費用の2種類に分かれます。どれくらいの費用がかかるのか、参考にしてください。

不動産管理ソフトの平均価格相場は?

初期費用の相場は5万円から50万以上とピンキリです。
なぜここまで費用が変わるのというとサポート体制やオプション・カスタマイズ性によって費用は大きく変動します。その中でも多いのは、5万円と20万円です。ご自身にあった不動産管理ソフトを選びましょう。

不動産管理ソフトの初期費用は…?

不動産管理ソフトの導入費用は、製品やプランによってさまざま。ホームページなどで調べても、数千円~数十万円まで幅が広く、悩んでしまう人も多いと思います。では、なぜここまで費用が違ってくるのでしょうか…?

不動産管理ソフトの初期費用は5万円から50万円以上と幅広いです。
これはソフトの機能やオプション(カスタマイズ)・サポートの充実性によって費用が変わってくるためです。

試しに”機能”に着目してソフトの違いを見てみましょう
・物件の登録機能がメインになっているソフト
・入出金の管理に特化しているソフト
・あるいはプロパティマネジメントに必要な機能をメインにしたソフト
“機能”だけで見てもソフトによってこれだけ違いがあります。

利用を開始してから、「ほどんどが使わない機能だった・・・」「書類作成はexcelで行い、管理はソフトでやっているから手間がかかる」のようなことがおきないように資料請求や下調べは怠らないよう注意してください。

最低限のオプションをつけると、初期費用の平均は20万円前後です。

初期費用以外にかかる費用は?

不動産管理ソフトを導入した後はサポート性も充実してください。

一時的にかかる価格よりも、むしろ毎月のサポート費用のほうが気になる…という人も多いでしょう。

この費用についてはソフトの運営会社や購入製品、またプランなどによってさまざまなため、相場として数字を出すのは難しいですが、ホームページでチェックするか、問い合わせれば必ず教えてくれるのでぜひしっかり確認しておきましょう!

導入費用が安くても、サポート費用がかなり高額…というケースもあり得るので、この部分のチェックは欠かせません!

何を重視して選ぶべき?

不動産管理ソフトを選ぶ際、価格面ばかりを重視してしまうのはあまりおすすめできません。

いくら価格が安く済んだとしても、たとえばSEの専門性が低かったり、あるいはサポート管理が不十分だったりしては、効果が上がらないばかりか、データが間違って消去されてしまった…なんてリスクも負いかねません。

コストはあくまで、そのソフトの機能と見合っているかのを考えて選んで

サービス内容と価格面を照らし合わせ、コストパフォーマンスの良い不動産管理ソフトを選択してくださいね!

5社の費用を比較してみた

ソフト名初期費用月額費用
賃貸革命10
詳細
不明不明
ReDocs
詳細
49,800円2,980円~12,480円
賃貸名人
詳細
198,000円※1台なし
ESいい物件One
詳細
200,000円~300,000円20,000円~30,000円
いえらぶCLOUD
詳細
有り(記載なし)50,000円~

おすすめの不動産管理ソフトのご紹介

賃貸革命10

「賃貸革命10」は賃貸管理会社向けの賃貸管理ソフトです。
賃貸管理のコスト削減、業務形態に応じてカスタマイズ可能な柔軟性
、1つのデータから200種類以上の帳簿に連動できる機能などの特徴があります。
パソコンなどにインストールが必要な「オンプレミス型」と不必要なクラウド版の両方に対応しているのもポイントです。

様々な賃貸物件に対応しており
・戸建住宅
・ビル、テナント事務所
・集合住宅
・駐車場
などがあげられます。

主な機能は「物件管理」「契約管理」「家賃管理」「帳簿のデザイン」「会計連動」となっており、今までの業務を一元化することが可能です。

ReDocS

賃貸向けの賃貸管理ソフト「ReDocS」。
ReDocSは、クラウド型のソフトを採用しているため、ソフトのインストールが必要なく、場所にとらわれずパソコン・タブレット・スマホなどどのデバイスでも利用が可能です。
30日間の無料トライアルプランも用意されているので、実際に導入して使いご心地を確かめられるのは嬉しいですね。

その他にも、誰でも使いやすいUIにすることを強みとしているので、パソコンの操作が苦手な方にオススメの不動産管理ソフトです。

詳しい機能はこちらの記事にまとめています。
少しでもReDocSが気になった方は見てみてください
ReDocSの機能やサポートについてご紹介!

不動産管理ソフトをお探しの方はこちらもどうぞ!

不動産管理ソフト導入前のチェックポイント

-不動産管理ソフト導入前のチェックポイント

関連記事

フリーソフトを使ってはいけない5つの理由!不動産管理で失敗しないために

不動産管理にフリーソフトを利用するのは、基本的に避けたほうがよいでしょう。 たしかに無料で簡単に利用できるのは魅力的です。 しかし「管理の労力を軽減する」というシステム導入の本来の目的を考えれば、フリーソフトでは力不足な点が多いのです。 今回は、なぜ不動産管理にフリーソフトを使わないほうがよいのかを5つの理由で説明していきます。 理由1. フリーソフトはサポートが弱い! フリーソフトの使用をすすめ …

不動産管理ソフトの口コミ!実際に導入した企業の声

「不動産管理ソフトが便利らしい」と聞いてはいても、なかなか踏み切れない。本当に便利なのか半信半疑だ。そんなとき便利なのが同業者の口コミです。 もちろん口コミがすべてではありませんが、実際に使用している人の声は有用です。 今回は不動産管理ソフトを導入した企業の口コミをまとめました。 オンプレミス型不動産管理ソフトの口コミ 自社内にサーバーを用意し、システム構築をするオンプレミス型不動産管理ソフトの口 …

クラウド型のおすすめ不動産管理ソフトの紹介と比較

そもそもクラウド型とは? まず、不動産管理ソフトをお探しの方で、クラウド型やクラウドサービスと言われても「クラウドって何?」と思われる方向けにクラウド型の不動産管理ソフトについて説明します。 不動産管理ソフトのサービスの種類には大きく分けると2種類あります。その2種類とは「オンプレミス型(買取)」と「クラウド型」です。 オンプレミス型(買取)とクラウド型の違い オンプレミス型とクラウド型の違いは、 …

業務フローの一新はNG?不動産管理ソフト導入前の注意点

不動産管理ソフトの有効性は正しく活かそう 不動産管理ソフトの導入は、不動産運営においてメリットとならなければなりません。総合的に見てもきっと成功例が多数派でしょう。不動産管理ソフトを提供する会社の多さや口コミ情報などでもポジティブに感じ取れます。しかし、正しく活かさなければマイナスな存在にもなりかねません。その理由についてご説明いたします。 不動産管理ソフトが有効な理由 不動産運営の作業内容は営業 …

自社の合わせた導入形態

不動産管理ソフトを導入を考えている方に、どのようなソフトがあり、適したソフトはどれなのかご提案いたします。 必要なシステムを確認しましょう まず、不動産会計システムは販売している企業によって構成が異なっています。賃貸管理だけのシステムや、賃貸物件管理・マンション会計・ホームページ作成・修繕計画などの複数のシステムがパッケージ化されたシステム、必要な機能を選択するシステムなど、ソフトによって大きく内 …