不動産管理ソフト導入前のチェックポイント

初期買取(オンプレミス)とクラウドならどっち?不動産管理ソフトを賢く選ぶには

投稿日:2019年2月14日 更新日:

これから不動産管理業務を始める予定がある。または、これまでの業務で、手作業やフリーソフトで代用していた管理業務を本格的なシステムでの管理をしたい場合、不動産管理システムの導入は必須です。不動産管理システムを導入する上で、まず初期買取またはクラウドかを決める必要があります。

不動産管理システムにおいて、初期買取(オンプレミス)とクラウドのどちらがよいかは条件によって変わります。

不動産管理システムの導入にあたって初期買取とクラウドの違いやメリットデメリットを今回ご紹介します。

初期買取とクラウドはシステム管理するのが自社か他社かの違い

不動産管理システムの初期買取とクラウドの違いについては、システムを「自社で管理する」か「他社(サービスを提供している会社)が管理する」で分けられます。

初期買取のメリット

自社で管理する初期買取は、自社内にサーバーを設置し、システムを構築し不動産管理を行います。自社で行うメリットとしては、以下の点が挙げられます。

  • データを社内だけで共有するためセキュリティ性が高い
  • 書類形式の引き継ぎなどを自社の好みや希望に合わせた柔軟なカスタマイズが可能
  • サーバーに問題が発生しなければ、インターネットがなくてもシステムを利用できる

初期買取のデメリット

初期買取もメリットばかりではありません。デメリットには以下のような点があります。

  • システムの購入以外にもサーバー用のパソコンやネットワークなど初期費用が高い
  • サーバーの運用や管理、メンテナンスなどそのための人件費や機器の取り替えなど、維持費がかかる
  • システムのバージョンアップなどシステムを変更や更新する場合、自社で対応しなければならない。
  • システム購入後もサーバーの準備やカスタマイズなど、導入に時間がかかる

クラウドのメリット

クラウドとは、サーバーがシステム提供している会社など他社にあり、システムもデータも自社にありません。インターネットでそこにアクセスして不動産管理システムを利用するタイプです。以下のようなメリットがあります。

  • サーバーなど初期費用がかからないため、初期買取と比べるとコストがかからない
  • サーバーの構築などする必要がないため、登録すればすぐにシステムを利用できる
  • インターネットにつながれば、いつでも、どこでも、どの端末でも利用することができる
  • システムの更新など自動でアップデートされるため、常に最新のシステムを利用できる。
  • 会社の規模や必要な機能に合わせてプランを選ぶことができる
  • システムがすでに完成しているので、すぐに利用できる

クラウドのデメリット

もちろんクラウドにもデメリットはあります。以下の点には注意が必要です。

  • プランなどによって異なるが、初期買取よりカスタマイズに制限がある
  • 自社のサーバーではないため、情報の漏洩などのリスクがある(高度なセキュリティで守られている場合は自社管理よりも安全性が高い場合もある。)
  • インターネットができる環境がないと利用することができない。

不動産管理システムの導入の際に初期買取とクラウドのどちらを選ぶには、自社にはどのような機能が必要で予算はいくら必要なのかによって変わってきます。カスタマイズ性を重要視する場合は初期買取、手軽さやコストをかけたくない場合はクラウドを選ぶと良いでしょう。

迷ったときは、見積もりや相談をしてみましょう。

不動産管理ソフトをお探しの方はこちらもどうぞ!

不動産管理ソフト導入前のチェックポイント

-不動産管理ソフト導入前のチェックポイント


comment

関連記事

フリーソフトを使ってはいけない5つの理由!不動産管理で失敗しないために

不動産管理にフリーソフトを利用するのは、基本的に避けたほうがよいでしょう。 たしかに無料で簡単に利用できるのは魅力的です。 しかし「管理の労力を軽減する」というシステム導入の本来の目的を考えれば、フリーソフトでは力不足な点が多いのです。 今回は、なぜ不動産管理にフリーソフトを使わないほうがよいのかを5つの理由で説明していきます。 理由1. フリーソフトはサポートが弱い! フリーソフトの使用をすすめ …

固定資産管理システム

固定資産管理とは?選ぶポイント、注意点まとめました!

固定資産管理は総務の経理担当の重要な業務の一つです。 では、その固定資産管理はどのような業務なのでしょうか? この記事では固定資産管理に必要な書類の作成手順や注意点、おすすめの固定資産管理システムをご紹介していきます。 固定資産管理とは? 機会や備品・車両などの企業が所有している償却資産を管理することが固定資産管理にあたります。 固定資産には不動産など物として存在する「有形固定資産」とソフトウェア …

SEの必要性も!不動産管理ソフト(システム)のカスタマイズを考える

不動産サービスの運営において、不動産管理ソフトは欠かせない存在となっています。多くの企業が業務管理を不動産管理ソフトで行なっているため、使っていなければ時代にそぐわない作業効率となってしまいます。不動産管理ソフトの運用において一番大切なのはカスタマイズです。優秀なエンジニアが担当することができれば、ライバル社を引き離す要となるかもしれません。そんな不動産管理ソフトのメリットとそれを担当するSEの重 …

不動産管理ソフトって自社開発した方がいいの?サービス利用との違い

不動産管理ソフトってどうやって選べばいいの?と悩んでいるあなたに選び方と注意点を紹介していきます。 不動産管理ソフトを使う方法は大きく分けると2種類に分かれます。 1.自社で開発する2.外部のサービス(ソフト)を使う この二つの特徴と注意点を見ていきましょう 1.自社で開発する 自社で開発する場合は、自分達の使いやすいようにカスタマイズすることができる、人件費以外のランディングコストがかかりにくい …

自社の合わせた導入形態

不動産管理ソフトを導入を考えている方に、どのようなソフトがあり、適したソフトはどれなのかご提案いたします。 必要なシステムを確認しましょう まず、不動産会計システムは販売している企業によって構成が異なっています。賃貸管理だけのシステムや、賃貸物件管理・マンション会計・ホームページ作成・修繕計画などの複数のシステムがパッケージ化されたシステム、必要な機能を選択するシステムなど、ソフトによって大きく内 …